ornithkendorist's blog

剣道上達日誌ーブランク20年中年剣士の奮闘譚ー

剣道昇段審査日誌(2-たぶん最後)

六段昇段にお悩みの方の一助になれば。

出がしら、出がしらと、兎角言われます。しかし狙う出がしらは、やはり待ち剣になっしまうのではないかと思います。私の立ち合いのお二人は、共に堂々とした構えの方で、最初はこれやばいなと思っていました。実際の立ち会いを見た時、立ち居振る舞いと少し異なる印象をもちました。実際に構えても同様です。おそらくお相手は出がしらを狙っていた。私も同様に思っていましたが、狙った出がしらは中年の六段受審者では待ちになるのでしょう。つまり、先をかけて攻めて、それで打って出た時が出がしらを捉えることになるという結果なのかと思います。少なくとも私のレベルでは。打って出る気持ちが固まれば捨て打つ。反対の表現かなとは思いますが、それが出がしらういうことですかね。

回復まで日誌(剣道昇段審査日誌1を兼ねる)20221113(回復までとしての最終回18)

枇杷島スポーツセンターでの六段審査でした。初受審です。数年前に全剣連的には受審可能でしたが、北海道では3回の講習会が義務づけられており、少し困っていました。しかし今年に限り、1回の講習会でOKということを8月に知り、受けるられる!となりました。うっすら受審を決めた8月からなかなか踏ん切りがつかぬまま時間が過ぎ、北海道の締め切りギリギリに申し込み。ということは、残り1ヶ月でのまとめ上げ、なんとかなるだろうとは思っていました。そして二週間前の一週間は一切稽古ができず、体調も崩す。一週間前の2回で仕上げ。その最後の稽古で右足脹脛の肉離れ。終わってます。しかし折角名古屋まで行くんだから落ちたくはない。肉体的にはほぼ不可能な状況でしたが、結構気持ちは落ち着いていて、なんとかなるだろうと思ってはいました。それでもやはり精神的には厳しかった。結果的に審査中は、痛みどめで痛みを感じずにできた。そして合格です。私の組みは私のみの合格。うしろの組みもお一人、その次の2組は合格者なし、次に1人。私の年代は結構厳しい感じではありました。

4人(A・B ・C・D)1組、1人が2人と立ち合いをします。私はDなので、まず残っているCと立ち合い、そのまま私が残って、一回立ち合いを終えたAと2回目となります。つまり私は立ち合いをする二人を事前に見ることができる。有利と考えるかどうかは人それぞれかと思いますが、私は前もって情報があった方が良いと考えます。わかったことは、C・Aともに出ていかない。先をかけず、待っている。当然、相手次第で対応を変えるのだが、Bも消極的だったのだろう。私とは合気を作り難いタイプに思われた。
出ない相手であることはわかったので、交刃になった時に打突されことを恐る必要がないのでじっくり構えることができるだろうと考え臨んだ。
まずC、いわば待ち剣的な方なので、こちらが先をかけていることを審査委員の方々に印象付けることはできる。前もって見た時には返技をあまり出していなかったので、面に対してどのように応じるのかが測れない状況だった。私の先がかかっていることは確信できたので、まず中心を割って面に行ってもよかったが、いまいち機会を見いだせないでいた。そこで右足を送り出すと同時に面を開けてみた。面には来なかったが、お相手の手元が上がることがわかったので小手に行った。部位を捉えた。しかし、その後、竹刀が胸に当たり胴紐に入ってしまった。開始線に戻り、触刃でありったけの掛け声を出した。NS先生が八段に合格した時、会場の隅まで届かせるつもりで声を出したと仰っていたので実践した。その次には面に行きたかったが、攻めたら面にきたので返し胴を決めることが出来た。相手は面にも来ることが分かったので、相面で勝負をかけた。先をかけているのは明らかに私だったので打ち勝つことができ、終了。竹刀を振った回数は3回だった。
次A、また小手からいってしまった。部位は捉えたが初太刀が2本とも小手は印象が悪いだろう。面も打てることも表現したい。このお相手もたぶん待っている。交刃で溜めた。気当てをしても出ない、先はかかっている。右足送りで思いっきり捨てて面に行ったところばっちり面を捉えることができた。もうこっちのものなので、慌てず間合いの攻防を楽しんだ。あまり意味のない胴にこられたが前で裁き、終了。
終わった瞬間、二人に使えた感をもった。これでも落ちることはあるだろうからダメなことも覚悟しつつ、発表をまった。結局、一本も相手に部位を掠らせることもなかったが、これは打たれなくないという思いではなく、先を意識して攻め続けた結果だと思います。

このような立ち合いができたのは、ひとえにご指導してくださった先生方のお陰です。ありがとうございました。

回復まで日誌202210031(15)

ST先生

蹲踞から立ち上がる。横に動いたりせずに足の中指を相手に正対させる。ジリジリと正対させる。気合と共に真っ直ぐ入ることになる。攻めは効くはず。そして相手は右に動くのか、左の動くのか、見極める。自分は横に動いたりしない。左手の引きで冴えを作る。

KY先生

打ち切ること。上擦らないこと。

IZ先生

脇にそれない。攻め返されて逃げる、あくまでも真っ直ぐ攻め入る。(そうか攻めて相手は出てきただからそこが機会なのだ。)離れ際で竹刀で胸突きながら離れるのは如何なる場合もダメ、全剣連の通達。